November 13, 2016

【大統領選挙】トランプは情報に裏付けられた戦略で勝った。

アメリカ大統領選挙は事前の予想を裏切りトランプ氏が次期大統領に選出されました。僕も驚きました。大半のマスコミの予想を覆しただけに、多くの分析がされています。しかし、少し調べてみると、実はトランプは過激な発言やメディア戦略だけで選挙に勝ったわけではないことに気が付きました。ところがマスメディアが全くそれに触れられていないので、久しぶりのブログ記事ながら偉そうにそういうことを記事にしてみました。

1)大統領選挙の仕組み
まず、大統領選挙を分析するには大統領選挙の制度を理解する必要があります。大統領選挙は、よく直接民主制だ、と言われていますが、実は州別に選ばれる選挙人が最も多い人が勝つ制度です。メイン州とネブラスカ州を除くとその州で勝った候補がすべての選挙人を得ることになっています(メインとネブラスカは上院分の割り当てをその州で勝った候補に振り分け、下院分の割り当ては下院の選挙区での勝敗で振り分けるやり方。)したがって、単純に得票が多くするのではなく、選挙人を多くとれるようにすることが重要です。どんなに選挙人が多いカルフォルニア(55人)やニューヨーク、フロリダ(29人)であっても、歯が立たないならそこに固執せず、とれる州で取り返すほうが得策、ということになります。

2)青い州と赤い州、そしてクリントンの郵政
ところが、州には民主党が強くて基本的に民主党候補が強いブルーステート、逆に共和党が強いレッドステート、そしてそのどちらでもないスイングステートが存在します。Wikipediaの該当記事を読むとわかりますがが、直近の6回の選挙で区切ると、青い州はワシントンDCと18州で選挙人242人、一方レッドステートは22州あるものの選挙人では180人しかありません。この時点でクリントンのほうが優勢なのは明らかです。簡単にいえば、ブルーステートをすべて抑えて、スイングステートで選挙人が最大の29人いるフロリダを抑えるだけで勝てるということです。
http://www.weekly-economist.com/2016/10/25/第二特集-直前-米大統領選-2016年10月25日特大号/

3)トランプの戦略
そこで、おそらくトランプがとった戦略は以下の通りです。
・レッドステートは引き続き全部抑える。
・スイングステートはなるべく全部抑えるが、フロリダだけは絶対に落とさない。
・ブルーステートで勝てる州を奪いに行く。
そして早い段階で、トランプは北中部にあるラストベルトという地域に目をつけます。ラストベルトというのは、昔は鉄鋼や自動車で工業が発達したものの、その後没落し、徐々に活気を失っている地域のことで、5大湖周辺の地域。州でいえば、イリノイ、インディアナ、ミシガン、オハイオ、ペンシルバニアの各州を示しています。
http://www.crosscurrents.hawaii.edu/content.aspx?lang=jap&site=us&theme=work&subtheme=INDUS&unit=USWORK059
この地域は、以前は工業が発達し、労組支援より、民主党が非常に優位を保ってきましたが、最近の自由貿易政策による経済衰退で支持層が弱くなっており、付け入る可能性が出たと見たわけです。具体的には、オハイオ、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニアを集中的に攻めたわけです。
さらに、トランプの選挙参謀は6月の段階で非常に明確な方針をしゃべっています。
「国民の世論を得るために、(クリントンは)ニューヨーク州やカリフォルニア州のヒスパニックに頼りすぎだ。人口が多く、急進的なヒスパニックがいる地域だ。オハイオ州やペンシルベニア州、フロリダ州などのアメリカのヒスパニックを見てみると、違う構図が見えてくる。我々はその3州や他のスイング・ステートのヒスパニック票をターゲットにしている」
http://www.huffingtonpost.jp/2016/06/10/donald-trumps-top-adviser_n_10391542.html
ヒスパニックという層を単純化せず、各州の特性に合わせた戦術をとることにしたということです。

4)指名受諾演説と参謀の戦略
予備選を勝ち抜いたトランプとクリントンは8月に、それぞれの党大会で指名受諾演説をしていますが、ここで大きな違いが出ています。
それぞれの指名受諾演説はNHKで見ることができます。
トランプ:http://www3.nhk.or.jp/news/special/2016-presidential-election/republic3.html
クリントン:http://www3.nhk.or.jp/news/special/2016-presidential-election/democratic4.html
この演説は、トランプには具体性がない、失笑が出るダメな演説、クリントンは明確な素晴らしい演説という論評がされましたが、結果が出た後から見ると異なる評価になるのではないでしょうか。
トランプの指名受諾演説には、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルバニアといったラストベルト地域に仕事を取り戻すという明確な意思が見ますし、フロリダにもテロを起こさないという明確な意思があります(どうやるかは、インフラ投資くらいしか言っていませんが)。ところが、クリントンの受諾演説ではラストベルトに仕事を取り戻すというトランプに反論をしていますが、そこにどうするか?という具体案がありません。全国的な政策は主張しているが、どこの州で何をするのかが分かりにくい演説になっています。

5)キャンペーンラリー
そして、選挙終盤のキャンペーンラリーは明らかにクリントン防戦、トランプ攻勢でした。トランプはスイングステートのほか、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニア等、ブルーステートの中でもトランプが追い上げている州を飛び回っています。そして行く先々で、とにかく仕事を取り戻すのだという演説を繰り返しています。BBCでは、トランプはなぜ劣勢州を回るのか(評価としては馬鹿にしているような内容です)という記事が出ているくらいです。
http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-37856669
一方、クリントンはスイングステート(特にフロリダ)と、オハイオ、ペンシルベニア、ニューハンプシャーを回っており、レッドステートでの逆転を図るところは全くありませんでした。本人の体力的な問題があったのかもしれません
http://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/12244678/

6)開票結果
今回の開票結果を見ると、ブルーステート18州+ワシントンDCのうち、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニアの北東中部の工業地帯は1%台の差でトランプ勝利。レッドステートは全てトランプ勝利。スイングステートはフロリダ(非常に僅差)、アイオワ、オハイオがトランプ。ニューハンプシャー、コロラド、ネバダ、ニューメキシコがクリントンとなっています。数字では差がついたように思えますが、フロリダ、オハイオ、ウィスコンシン、ペンシルベニア、ミシガンのうち、3つをクリントンが勝つと逆転してしまうかなりギリギリの勝利です。人口統計学的属性ごとの得票率が出ていますが、これを見ると実は5万ドル以上の収入がある層ではすべてトランプが勝ち、黒人ではクリントンに大きく負けたものの、ヒスパニックではそこまで負けなかった(一時は99%クリントンに回るといわれていたくらいです)のがわかると思います。これがフロリダやオハイオでトランプが接戦をものにした原因です。

7)トランプの勝因
マスメディアを見ると、いろんな分析が出ています。怒れる白人の反逆だ、マイノリティへの怒りを掘り起こしたのだ、等々。しかし、実際にはトランプは敵と自分を分析し、的確に目標(フロリダやオハイオのヒスパニックを引き込み、ラストベルトを奪い取る)を定め、的確に行動をし、結果的に接戦をもぎ取って戦略的な勝利を勝ち取った、ということがはっきりしています。
したがって、トランプが、ただ単に極端で暴言をいうたいしたことのない人物だというのは大きな間違いです。データを分析して的確に必要なことを必要な時に実施できる優秀なチームを有する恐るべき人物であるのは間違いありません。

8)余談(データ解析の困難さ)
今回、マスコミの予想が外れた分析も多くされています。多くは隠れトランプ派の影響を訴えていますが、そもそも論として、これは疑問です。大統領選のデータ分析の困難さを示す記事が実は7月に出ています。
「ワグナーとショアは、世論調査を行う組織が今年、恥をかくことになるだろうと察知していた。さらにいえば、それは恥をかくかどうかではなく、いつ、どれほど深刻なものとなるかという問題だった。」
「現代の世論調査をめぐる状況は困難に満ちており、長らく業界を牽引してきたギャラップは、今年の大統領選の調査から撤退した。予測を誤って会社の看板に傷をつけるリスクが高すぎたからだ」
この記事を見て、果たして本当に問題が「隠れトランプ派」なのかはちゃんと考えるべきでしょう。マスメディアは間違った情報を自らの信念で信じてしまったのです。
http://wired.jp/special/2016/voting-machine/

| | Comments (0)

October 19, 2005

【地震】久しぶりに地震で呼び出し

最近体感地震は結構あっていて、先週の日曜日にも震度3の地震があったばかりなのですが、今日はちょっと大き目の地震がありました。8時45分ごろ?で、震度は茨城県南部が5弱、北部が4。

うちの職場は震度4以上の地震では、点検に行くことになるのですが、今回の地震は発生した直後に、行かなければならないと確信するぐらいの大きめな地震でした。縦ゆれはやっぱりびっくりしますね。

職場に行くと残業をしてらっしゃった人たちが建家のなかの確認を行っていたので、私は外回りを回って点検した後、自分の担当している機械をチェックして終わりました。まあうちの職場は震度5くらいじゃ問題なんて起きません。岩盤に巨大な杭を打って土台にしているので、震度3くらいだとゆれたことにも気づかないほどです。とはいえ、地震の点検はルールですので、行かなければならないわけなんですが。

すぐに点検も終わってので、帰ってお酒飲んで今日は寝ます。また明日仕事がんばろう!

| | Comments (0)

March 20, 2005

【ニュース】福岡震度6の地震。備えが無いだけに心配。

今日福岡で震度6弱の地震があった。私はこの地域に長く住んでいたこともあり、非常に心配している。

何しろ、私が住んでいた24年間で、この地方で体感できた地震は3・4回しかない。うち一回は阪神淡路大震災だ。中学生の時に震度3の地震があったときには、学校は大パニックになった。このあたりは本当に地震が少ないので、大人も地震の経験が無い。したがって、関東と違って自身に対する備えが全くといっていいほど無い。相当なパニックになっているのではと心配している。まずは落ち着いて、火の元を確認すること、そして余震が来る可能性があるので、安全なところ(家で倒れてくるものが無いところ、もしくは避難場所)に避難してほしいと思う。

ちなみに知り合いに先ほどから電話を掛け捲っているが、携帯は途中で止められている。普通電話はかかったので、無事を確認できたところもあるが、留守電しかかかってないところもある。今のところけが人の情報は入っていないとのことであるが、ちょっと心配だ。これを見ているこの地方の知人の方、落ち着いてからでよいので、メールかここのコメントに書き込みして欲しい。

| | Comments (2)

February 16, 2005

【ニュース】茨城県南部地震 関東に住むこととは地震と暮らすということ。

本日の午前4時46分ごろ、茨城県南部で地震がありました。主な震度は以下の通りです。
・・・茨城県水戸市震度3、某町震度4・・・

ということで、私が住んでいるところは震度4だったそうです。幸い、何の損害もありませんでした。私は揺れで当然のことながら目が覚めたのですが、何故か両腕がしびれて力がはいらず、起き上がれなくて数分ほどのた打ち回りました。何とか壁に寄りかかって起き上がってPCとテレビをON。震度情報を確認します。私の勤め先は、震度4以上だと勤務時間に関わらず確認にいかなければならないため震度4を見て車へ。携帯に呼び出しが入ったので、すぐに職場に行って確認して終わったのが一時間後。非常に中途半端な時間だったのですが、とりあえずコンビニで朝食を取り、寮でシャワーを浴びて改めて出社しました。

さて、私が生まれ育った北九州という街には地震がありません。阿蘇や桜島がある熊本~鹿児島と異なり、北部九州は地盤がしっかりしている上に活火山がほとんど無いため、地震が全くありません。何しろ24年間で、体感地震は3回くらいしかなかったように思います。一度は中学生の時で、その時は単なる震度3だったのですが、学校中が大パニックになった覚えがあります。日頃地震がないところだけに心の備えが無いんです。ちなみにあとの二回は阪神淡路大震災と九重のあたりで大きめの地震があったときに軽く揺れた時だけです。だから、眠っている時に地震があると未だにダメですね・・・震度2くらいでも目が覚めてしまいます。

しかし、関東(特に今住んでいる茨城)にはかなり多くの地震があります。私がこちらに来てからというもの、毎年数回は震度3くらいの地震がありますし、年に一回くらいは震度4の地震が起こって点検に行っています。だから地震が来ても落ち着いて対応はできるようになりました。やっぱり、関東で住むということは、地震と暮らしていくということなんですなあ。

| | Comments (0)

February 13, 2005

【ニュース】ニッポン放送とライブドアの戦いとは?

さて、3連休中、ちょっといろいろ不摂生したりしたが、あっという間に過ぎてしまった。で、趣味で株をちょっとたしなんでいる私にとって、興味深いニュースが出ているので書いておきたい。

ニッポン放送の株をライブドアが35%購入してフジテレビと提携を提案、フジテレビはその提案を論外としてその前からかけていた株式の公開買い付けの条件を若干落とし、確実に成立するように変更したというニュースだ。

このニュース、調べれば調べるほど面白い状況がわかる。ニッポン放送は知らない人にとってはフジサンケイグループのラジオ局のラジオ局だが、資本関係で見ると、フジテレビの筆頭株主(23%くらい)で、ポニーキャニオンや扶桑社の親会社。産経新聞の株も持つ持ち株会社のような色彩を持っている会社であったわけだ。しかし現在の企業規模を見ると、フジサンケイグループの今の主力企業フジテレビには大きく下回っているし、株価的にも低い。さらに、フジテレビはニッポン放送の株を十数%しか持っておらず、村上ファンドと呼ばれる大口のファンド18%を持って筆頭株主になっている状況となっていた。

このため、フジテレビは親子関係を変えるためにTOBを掛けていた。これは、株式を市場からではなくて、購入条件を公開して賛同者から直接を集めるやり方だ。ところが、このタイミングでライブドアが時間外取引という裏技を使って一気に35%もの株を取得したのが先週の中ごろ。

これに対して、フジテレビはすぐ手を打った。TOBの条件として51%以上出なければ実施しない条件だったが、これを25%以上に変更した。さらに期日も3月2日まで延長した。25%以上の株を持ち合っている会社へは影響を行使できないという商法上の規定を逆手に取った対応だ。さらに、TOBが成功すると、上位10社で株の保有が75%を超えて上場できなくなり(75%だと1年間の執行猶予があるが、90%を超えると即日管理ポスト、一ヶ月で上場廃止)市場の株価も低下してしまう。これでライブドアは市場で売り抜けることも、難しい状況となっている。

現在この争いはさまざまな思惑をはらんで複雑な様相を見せている。現在のところ、ライブドアが誰から35%を買ったかがわからないためだ。村上ファンドがまだ株を持っていれば、ライブドア35%、フジ25%、村上18%となって過半数をめぐって3社の駆け引きが続くことになる。また、ニッポン放送の現経営陣はフジのTOBについては賛同を示しているものの、その後の対応についてはアナウンスがほとんど無いことも先が読めない要因となっている。

ライブドアは現時点で株主総会の特別決議の拒否権を有している(特別決議には3分の2以上の賛成が必要)。51%を超えれば通常決議の決議権、66.7%を超えれば特別決議の決議権を持つことになる。ライブドアが村上ファンドを説得するなどして、66.7%を超えることが出来れば、臨時株主総会を開いて特別決議で取締役の選解任を求めることが出来る。51%であれば、通常株主総会まで待てれば、取締役選任の通常決議で取締役を入れ替えることが可能だ。だがそれ以下であれば、ニッポン放送に影響を及ぼすことが困難になる。また、実際にニッポン放送の資本を執行できる取締役会は株主総会までにさまざまなことを執行できるので、ライブドアに賛同しなければ、フジテレビの株を売却して他のものに投資したりすることが可能である。逆にライブドアに賛同すれば、フジテレビの株を購入して影響力を高めておくことが出来る。

現時点ではライブドアがどこまで株を集められるかとフジのTOBが成立するかが注目されているが、フジのTOBはほぼ成立確実な状況となっている。ライブドアは既に資産をかなりつぎ込んでいるが、ネット上では個人資産をつぎ込む、再度MSCBを行う、大株主から賛同者を探す等といろんな見方がおきている。

そして、この裏でひとつ大きな問題がある。それはライブドアがニッポン放送株を買うための資金調達方法としてとったMSCBだ。これは検索で調べて欲しいが、少なくともライブドアの既存株主には相当負担を掛ける方法となっている。ライブドアは既存株主に株価上昇で答えることで支持されてきたが、これを裏切るのはほぼ確実だ。これだけのリスクの高い賭けに出ている堀江社長だが、果たして成功するだろうか?私の予想としては、ライブドアがニッポン放送の経営権(=ポニキャンと扶桑社)を入手するが、フジテレビには届かないというところだが・・・。

ちなみに、ニッポン放送株はとんでもない値動きとなった。6000円前後から連続ストップ高で木曜日8800円でストップ高張り付きという状況で、もっと値が上がると見た個人投資家が比例配分を見越して予定より多めに買い注文を出していたところ、終了4分前に120万株の売り(実に100億円!)が約定。予定より多くの株を買ってしまった投資家が売りに殺到してたった4分間で960円下落して7840円で終了だが、恐らく月曜日はライブドアが買い上げなければ(フジはTOB中は市場での買い付けは出来ない)買い手はつかないのではないかと言われている。暴騰株にうかつに飛びつくのは危険ですな。

| | Comments (3)