April 14, 2013

【デジカメ】新しいデジカメのカタチ、富士フイルムF800EXR

ここ数年デジカメを買い換える機会がなかったのですがWS80の調子が微妙に悪くなったので思い切ってFH20と一緒に処分して新しいデジカメを買うことにしました。ソニーのHX30Vと富士フイルムF800EXRで悩んだのですが、価格差5000円分のちがいはないので、F800EXRにしてみました。約1.5万円でした。

早速いろいろ使ってみました。ズームの操作がシャッター近くのズームキーでやれるので非常に快適です。印象としては暗いところは一昔前のデジカメとはけた違いに優秀ってことでしょう。裏面照射型CMOSセンサーってのは本当にすごいです。さらに、EXRモードにしておくと、自動でHDR撮影してくれてフラッシュなしでびっくりする程良くとれます。実は高速シャッター搭載で、毎秒5枚とれたり、160FPS動画が撮れたりします。ピント合わせもやたら高速。なかなかすばらしいです。
Dscf0036

Dscf0070

Dscf0083

ちなみに光学20倍ズーム、デジタルズーム併用で40倍までいけます。下の二枚が広角端と望遠端。晴れてれば手持ちでいけます。凄い。昔パナのFZ1を買ったときはとんでもないカメラができたもんだと思いましたが12年も経つともっとものすごいことになってきました。
Dscf0096


Dscf0097

さらにこれは無線lan搭載。スマホやタブレットにアプリを入れると写真のやりとりも簡単です。が、PCに飛ばせません。家に帰ってきたらまとめてサーバーに飛ばしたいんですが、そういう使い方は無理っぽいです。あと個人的にいたいのがUSB充電ができないこと。充電器がついていますがこれでしか充電ができないのは痛い。スペアバッテリを発注してます。

ちょっと不満もありますが、やっぱりきれいに写るのが素晴らしいです。スマホなんかで簡単に写真は撮れますが、綺麗に撮るならやっぱりデジカメですね。

・・・余談ですが、ココログだと写真は1MBが限界ですね・・・。Twitterだと制限がないだけに、これはきついなあ。

| | Comments (0)

March 04, 2012

[携帯]IIJMIOのLTE使い放題回線を試してみる。

ちょっと前にイオンのプランAを契約してL-04Cの組み合わせで便利に使っていたのですが、IIJMIOが新しい安価な使い放題プランを発表しました。ちょっと悩んだのですが、こちらも試すことにしました。

キャンペーンももうしこんだのですがこちらはあっけなく落選。通常契約で2月28日に申し込んで3月3日に到着。

使ってみると、イオンプランAとの違いはそれなりにあります。イオンのプランAは画像圧縮がきくのですが制限が多くradikoやスカイプなんかがつかえません。iijmioは圧縮はありませんがそこそこの速度できっちり使えます。今のところは規制が少なくてradikoやSkypeも問題なく動きます。さらにいえばLTEサービスなので大容量バッテリ搭載の無線LANルータL-09Cが使えるのが大きいです。ちなみにL-04CやSO-03Cでも問題なく使えます。

取り敢えず一月使ってみて、どちらかひとつにしようと思いますが今のところは後発のIIJMIOが優勢ですね。イオンーbmobileも負けずに頑張ってほしいものです。

| | Comments (0)

February 04, 2012

【携帯】SO-03C導入による携帯回線を大幅に変更

正月にゆっくりしていたら、あっという間に1月も終わりになってしまいました。とりあえず、携帯の環境が大きく変わったので久しぶりに更新します。

結婚以来ずっと使っていた(結婚した日にauからドコモにMNPで移行した)N705iがついに故障してしまいました。小型、薄型で使い勝手のよい携帯だったのですが、液晶の真ん中に黒い点が出るうえ、全般的に真っ白になってしまって、非常に見づらい状態に。しかも本体の一部にクラックが入っているのを見ると、さすがにこれ以上使うのは厳しいかなあ、という状態になりました。

そこで買い替えの相場をチェック。ドコモオンラインショップを見ると、買い替えでよさそうなのはN-06A。普通の携帯なのに無線LANが使える変り種ですが、意外と安く9800円。まあこれはいつでも買えるので、月末のヤマダ電機をチェックしました。
P-07B(普通の携帯。ちょっと大きめ)7800円
P-01D(パナの小さなスマホ)9800円。
SO-03C(ソニエリの小さなスマホ)14800円。
このあたりが割引の大きかった端末です。とある理由でソニエリ端末がどうしてもほしかった私はSO-03Cを即決。ポイント使ってケースをつけて9500円でした。

Imag0011
ソニーエリクソン Xperia ray SO-03C
3.3インチ液晶のスマートフォンです。使った印象はまだアプリを入れていないせいか動きは良好。L-04Cでは厳しかった動画再生がこれではスムーズに動きます。大きさもケースをつけてL-04Cより一回り小型。これはすばらしい。付属品は試供品の8GBのMicroSDとイヤホンマイク、充電器までついています。といってもすでに私のところには、Kindle、L-09C、EVOの充電器がありますので、これ以上USB充電器は必要ないんですけどね。

ちなみに、上記の「とある理由」というのは、一般人にはあまり関係ない&なじみのないことなのですが、ソニエリのXperiaArc、ACRO、RAYはBluetoothと一緒に「ANT+」という無線通信規格に対応しています。(RAYは発売当初ANT+の対応が報道資料に載っておらず、現時点でもネットにほとんど記事が載っていません。ことによってはロットによって可否があるのかもしれませんが、私の持っているものは対応していました)これはGarminやSRMなどの心拍計や自転車のセンサーの通信規格なのですが、私の持っているGarminEdge305もこれに対応しています。早速、MytraksとANT Radio Serviseをインストールしてセットすると、GarminEdge305の心拍計に対応してセンサーが機能しました。これで、散歩と自転車乗る時のログ取りにいくつかデータが増えることになります。

Imag0010

こんな感じで心拍数が取れます。

で、さらに契約も見直しを図ることにしました。私の場合、これまではよく使うメールアドレスからの転送と、RSSをメールで飛ばすサービスを併用してメールは受信するものの、後は通話だけ。ネットはImodeを使わずにすべてイオンSIMを挿したL-04Cで見ていました。で、携帯でメールを読む必要も特にないと判断し、今回の機種変と同時に、Imode、SPモードも解約(ついでに電話帳保護サービスも解約。SDカードに保存するだけです)してしまいました。これで月400円の節約。ただ、これではメール使い放題のタイプシンプルバリューを使う意味がありませんので、タイプSSバリューに切り替えます。これで月々1000円分の通話とパケットが無料。さらに基本料金自体も以前と比べると200円節約です。

とりあえず、SO-03Cを電話専用、L-04Cをネット専用に使って分けていく予定です。散歩とか自転車を乗るときはSO-03Cだけを持っていけば、ログ取り+心拍数確認ができますしね。ただ、電話専用で使う場合、電話帳を使ったり電話をかけたりするのはちょっと不便を感じます。なぜか電話帳があ~ん間ですべて並んでいる(N705iはあかさたな順に切り替わり)ので使い勝手が悪いですし、回線切断、受信の操作もちょっと変な気がしますが、この辺は慣れですかねえ。

少し追記します。N705iにインストールしたナナコにまだ残高があったはずなので、使おうとしたところ、なんとSIMの入っていない携帯ではナナコは使えない!ためしにセブン銀行のATMに乗せると、携帯の液晶と赤LEDが恐ろしいほど点滅をして認識しません。SIMを入れると問題なく機能しますので、おそらく携帯の番号とナナコの番号をリンクさせているのでしょうね。しょうがないので、N705iはナナコの残高がなくなるまで延命することにしました。なかなかセブンイレブンに行く機会もないので、しばらくは延命になってしまいますね。早く使わなきゃ。


| | Comments (0)

October 15, 2011

【携帯】L-04C+イオンSIMプランAでできること。

アクセス解析を見ると、L-04C+イオンSIMで検索をかけてきてくれる人が非常に多いです。ここ1か月では、このサイトの約3割がこの組み合わせ。せっかくなので、できることと使い勝手をまとめておきます。
・L-04CはSIMロック解除をする必要はありません。買ってきて、イオンSIMを挿して、APNの設定をすれば使えます。
・イオンSIMのプランAは速度は非常に遅いです。環境にもよるでしょうが、50KBPS出るかどうかといったところですね。
・L-04CはもともとFlash未対応。Youtubeはアプリから見れますが、ニコ動は結構厳しいです。
・そんな組み合わせなので、L-04C+イオンSIMで動画を見るのは無謀です。
・ですがそれ以外ならとくに支障はないと思います。たとえば、ニュースを見たり、RSSをGoogleリーダーで読んだりするにはまるで支障がありません。
・意外なのは、ナビがかなり有効に機能します。地図のダウンロードが間に合わないこともありません。しかも地図は最新情報。たとえば今年の3月に供用が開始された石岡小美玉ICがすでに反映されています。
・私はImodeメールについては、N705iを引き続き使いますのでSPモードは解約しています。L-04Cについては、Gmailを使用中。Gmailも、プッシュ送信してくれます。ちなみに私の場合、友人には昔から転送用アドレスを伝えていますので、メールで困ることはありません。
・Skypeも使えますが、さすがにイオンSIMプランAではチャットがやっとですね。音声通話はだめです。無線LANが使えれば音声通話は普通に使えます。ドコモ経由の国際電話はかなり高いのですが(1回1分100~180円くらいします)アルゼンチンでは無線LANが使えるところでかなり電話を掛けました(1回11円+1分18円くらい)
・L-04Cにはハードウエアキーボードが付いていますので、TwitterやSkypeチャットにはかなりの力を発揮します。個人的にはーをFnの組み合わせでしか打てないのが痛いのですが、それでもかなりの速度で打てています。
・L-04Cは比較的安定しています。あまりトラブルもありませんし、バッテリの持ちもまずまず(1日1回充電でなんとか持つくらい)。当然、Androidマーケットがつかますのでいろいろダウンロードして使えます。GPSも使えますので、ぐるナビで検索もできますし、ジョギング用アプリを入れて走行ログをとるのも簡単です。
・なんといっても、安い、というのがこの組み合わせです。今のYahooオークションの相場は約5000円(ぎりぎりプレミアム加入しないで入札できるところ)程度ですし、うまく携帯の安売りショップを見つけると、ただで機種変ができるかもしれません(普通のドコモショップでも6000円くらいだったと思います)。イオンSIMのプランAは新規加入料3150円+月々987円です。初期投資1万円以下、月々1000円以下で使い放題端末が持てるというのはかなり大きいのではないでしょうか(私の場合にはナビ代わり+どこでもチャット端末+常用メール端末ですしね)。長期契約でもないので、解約手数料を取られることもありません。

| | Comments (0)

September 03, 2011

【携帯】移動通信体制を一新。L-04Cとイオン980円/月SIM。

先日、ついにWillcomの2年契約の期限が切れて割引がなくなったので、解約しました。Willcomの月980円の契約は使い勝手もよく素晴らしいものでしたが、さすがに端末が陳腐化したのと(アドエスはともかく、Nineはさすがにブラウザを使うのもつらい)、結局最後の最後まで職場で使えない(電波が来ない)欠点が解決できず、2年契約の割引も切れて月3880円になってしまったので、残念ながら解約の運びに。まあこの2年で、Willcomも激変してしまいましたがSoftbank系列になっても頑張ってほしいものです。

で、新たにどうするかを悩んだのですが、結果としては、イオンの月980円SIMを買うことにしました。Xiはさすがに月4950円は払えないので、Xi割引のためだけに月1000円で寝かすことに。イオンのSIMはXi割でもらったPCのUSB接続機L-02Cは問題なく使用可能。ところが無線LANルーターのL-09Cは非常に不安定。20分に1回ほど圏外になってしまい、一度圏外になるとドコモの携帯でSIMを再認識させないと使えないという状況。これでは使用できないので、適当に探していると、携帯屋さんでL-04Cが機種変無料の状態だったので、これを入手してきました。衝動買いに近い状況でしたが、機種変無料とはいえ、有料サイト2個登録の上、そこのアプリを強制ダウンロードのため、パケット代は上限まで行ってしまいます。なのでパケットを使っていない人にとっては実質6000円といったところでしょうか。ちなみに、別のところではLINX 3Dがだいたい6000円で機種変できるようでしたので、こちらのほうがよかったかもしれません。このアプリ、解約するのが非常に面倒なので、注意が必要です。その他、SPモードも解約して、イオンのSIMをつけると、問題なく使用できるようになりました。

L-04Cのインプレは以下の通りです。
・CPU性能や液晶の解像度を落としているので、安く購入が可能です(とはいえ同じくらいの値段で出ているLinx3Dのほうが高解像度、高性能です)
・スライドさせると、アドエスのようなキーボードが付いています。元アドエス使いにとっては、これは結構な好印象キーボードです。おかげでTwitterなんかを打ち込むのも簡単ですし。
・スライドさせないとふつうにソフトウエアキーボードが出てきて、フリック入力なんかも簡単にできますが、慣れないので結構時間がかかりますね。
・ふつうにGPSや無線LANなんかも使用可能。Gmailは到着をプッシュで教えてくれます。イオンSIMの速度の都合上、ナビをフルで使うのは厳しいものがありますが、歩いていて、迷子になったら比較的簡単に地図で場所を知ることはできそうです。タベログで近くのお店を簡単に検索→地図で案内までできるのにはちょっと驚きました。イオンSIMの電波はドコモの電波ですのでほとんどのところに行って使用が可能です。これは素晴らしい。
・ソフトウエア上はふつうのAndroid2.2系列です。CPUがダメなのでFlashは使えませんが、Youtubeやニコ動はアプリで見れます(ただし無線LANは必須)。デザリングはできませんが、L-02Cがあるので当面は不要と思っています。
・ハードウエア的には機能はふつうです。使っていると背面がほんのり暖かかくなるのはしょうがないとして、ストラップホールがないのはなんででしょうなあ。あと、充電もMicroUSB経由でしかできないのはちょっといただけないですね。あと、バッテリの持ちがいまいちだと思うのですが、これでもスマートフォンの中ではよいほうなのはちょっとびっくりですな。

まあ今回初めてスマートフォンを使っているのですが、さすがに売れているだけあって、携帯で使うにはよくできています、Android。余計なアプリが入れられない、余計な設定をさせない、タッチパネルなら操作が簡単等、中華アンドロイドで疑問だったところが携帯だと逆に利点なんだなあとおもいますし、AndroidMarketをつかうと簡単にいろんなアプリをインストールで来て、しかもそれがかなり使えます。確かにできることはふつうの携帯(僕はガラケーという言葉は嫌いです。あれは携帯にもガラパゴスにも失礼な言葉だと思います)と変わりませんが、できることをその気にさせることは素晴らしいと思います。たとえば、普通の携帯でGPS連動で飲食店の検索やナビなどをしようとすると、登録でお金がかかったりしますし、待ち受け画面にニュースを表示させることはiチャネルで契約すればできますが、Rssなどを表示させることは今もなおできないでいます。それを考えるとスマートフォンというのは、僕が2005年ごろに携帯に感じていたわくわく感をまた持たせてくれる素晴らしいものだと思います(まあそれは日本の携帯が、そして僕の意識が5年ほど停滞していたということなのでしょう)。必要以上にパケットを消費しようとする動きをするのには参りますが、月980円の使い放題SIMを使う限りは問題ないですし。

さらにはどこでもTwitter、どこでもGoogle、どこでもタベログ、どこでもWikipediaマシンができました。Willcom9の後継としてガンガン頑張っていただきたいところですね。ちなみに携帯の契約も、今までは特に調べないでタイプSSバリュー+パケホーダイダブルにしていたのですが、今回タイプシンプルバリュー+パケホーダイシンプルに変更しました。もともと、家族にしか電話しない+PCメールの転送を受けるために使っていたのですが、これでざっくり500円ほどの節約になります。さらにWillcomの接続に使っていたiijmioも解約できたので合わせて月800円の節約。その代り今月はかなりの負担がかかりましたので、チケットショップでモバイラーズチェック10000円分を割引で買って登録しました。来月からの負担減に期待したいところですね。

| | Comments (0)

October 13, 2009

【携帯】N705iのバッテリカバーがなくなったので注文したらすぐ来ました.

昨年から使っているドコモのN705iですが、特に問題もなくつかえていたのですが、先日突然バッテリのふたをなくしてしまいました。

しょうがないので、とりあえずドコモのショップに電話してみました。話をすると、在庫はないのでとりよせになりますとのこと。値段を聞くと420円とのことでしたので、頼んでおきました。

で、頼んだら3日で届いたので、早速受け取りに。420円だったのですがドコモのポイントが有ったので、それで支払いをお願いしたので、タダで直せました。まあ見たところ、バッテリ画布眩んだりもしていないので、しばらくはN705i でやっていこうと思います。ちなみにせっかくお店に行ったので、新しい携帯も見て見たのですが、あまりそそる端末はありませんでしたね。個人的にはハイスピード撮影ができるのはなかなかいいと思いますので、昔のμシリーズで実現して欲しいとおもいます。

| | Comments (0)

September 16, 2009

【PC】4500円でインターバルタイマー環境。自転車用マウントとリコー CaplioRR30

以前、自転車を乗っているときに勝手に写真を取ってくれるワンダフルショットを使っていたが、内蔵電池が切れてしまったため、使えなくなってしまった。しばらく使っていなかったのだが、先日自転車用カメラマウントが安く売っていたので、入手してインターバルタイマーが使えるジャンクのカメラと一緒に使うことにした。

自転車用のカメラマウントはサンワサプライのネットショップで1500円弱で販売中(Web限定品のユニーク商品のところにあります)ちょっと長めのマジックテープでハンドルに巻きつけて使うわけです。とりあえず安かったので購入し、インターバルタイマーが使えるカメラをハードオフで物色。近くのハードオフでCaplioRR30とG3がうっていたので悩んだのですが、安かったRR30を買ってみました2100円。

RR30は単三2本で動くデジカメで1GまでのSDが使えます(2Gは使えず)。30秒単位で任意の間隔でインターバル撮影ができます。自転車のマウントに取り付けると自転車で行った先々が撮影されています。マジックテープなので自動車にも取り付けることができるので、ドライブ中の風景なんかも勝手に記録されるのはいい感じです。ただ、すこしCCDがへたっているのか、俗に言う「暗黒オーラ」が出やすいようです。

まあしばらく使ってみてみます。取れた写真は後日アップします。

| | Comments (0)

January 12, 2009

【カメラ】わくわくするデジカメ、FH20を便利にするグッズを購入。カメラバッグ ハクバ LOWPRO APEX100AWとグリップストラップ ハクバ KGP-04

Nec_0086
FH20は奥さんもきれいに写真が取れるので良く使ってくれます。私にとっても非常に面白い、使っていてわくわくするカメラです。私のデジカメ暦(フィルムカメラは買った事が無いのでカメラ暦と同じですが)は、サンヨーDSC-V100、京セラデジタルサムライ1300DG、カシオLV-10、富士フィルムFinepix4500、パナソニックFZ-1、コニカミノルタDimageX20、コニカミノルタZ3、ニコンL-12というところなのですが、これくらいわくわくしたデジカメは初めて買ったサンヨーのV100と手ぶれ防止搭載10倍ズームのパナFZ1くらいでしょうか。もう少しAFのスピードが速いとほぼ完璧ですが、とにかかくいろいろ撮ってみようという気にさせるカメラです。で、さらに便利に使えるグッズをそろえてみました。

Nec_0091
カメラバッグがほしかったのですが、ちょうどこのサイズが入るバッグが分からなかったので、近くの家電屋で探すと、どうやらハクバのLOWPRO APEX100AWだとぎりぎり入ります。かなりパンパンになりますが、一応これに単三×4×2セットとSDメモリがはいりました。ただ、あまりにパンパンなので、もう一回り大きなサイズの方が良かったかもしれません。埃や水滴が入り込まないようにチャックに工夫がある等のなかなか凝ったつくりのバッグですので気に入っています。

Nec_0087
それから、もうひとつ、グリップストラップ。こちらは兄がキヤノンのG7につけている物を見て、良いなあと思って発注してみました。ハクバのものは汎用品で、他社では専用品もあるようです。ネックストラップの片方にストラップを取り付け、カメラのマウントにねじで固定します。つけてみた感じは非常によいです。片手で使うときに安心感があります。ビデオを撮るときもこれがあったほうが楽に取れますし。ただ、電池交換する際はマウントを外す必要があるのがちょっと面倒ですね。

Cimg1436
そんなこんなで、写真を引き続き撮っています。三脚を使って、月を撮影してみたのですが、非常に迫力のある写真が取れます。しかも画像を液晶で確認できます。これなら小さなお子さんに天体を教えるのにも良いかもしれません。これくらいの解像度が出るのであれば、惑星や星雲、星団を撮るのも面白そうです。もう少しチャレンジしてみます。 

| | Comments (0)

December 30, 2008

【デジカメ】現時点最速のSDカード、SanDisk ExtremeIII 30M/s edition

Acimg0618
高速連写デジカメ、カシオEX-FH20を手に入れましたので、高速のSDカードを購入してみました。高速SDカードとして名高いSandiskのExtremeシリーズの最新版、Class6のSDHCカードです。アマゾンで4G4480円。ノーブランドだと16Gが3000円弱で買えますが、まあとりあえず買ってみました。ついでに、SLKの小型三脚が1500円と安かったのでこちらも購入。

とりあえずPCで速度測定をしてみました。CrystalDiskMark2.2 でEEEPC 901の内蔵リーダ経由でテストした結果が下記です。
Sandisk ExtremeIII 30M/s edition 4G
Sequential Read : 18.270 MB/s
Sequential Write : 16.490 MB/s
Random Read 512KB : 18.048 MB/s
Random Write 512KB : 3.955 MB/s
Random Read 4KB : 3.442 MB/s
Random Write 4KB : 0.041 MB/s

Hagiwara class4 2G
Sequential Read : 12.462 MB/s
Sequential Write : 5.597 MB/s
Random Read 512KB : 12.407 MB/s
Random Write 512KB : 2.090 MB/s
Random Read 4KB : 3.534 MB/s
Random Write 4KB : 0.026 MB/s

以前まで使っていたハギワラのクラス4と比較すると読み込みはともかく、書込みが格段に早いです。高速連写の後は書込みの早さがキーになりますから、この速さは結構利きます。カメラで使ってみると、連写の後や動画を記録した後の待ち時間が短くなりました。まあ、高いだけはありそうです(実はExtremeIII 30M/S Edition は専用のライタ、リーダーじゃないと全力の性能は発揮できないらしいですが)。

Acimg0932
これと、三脚を使って、ミルククラウンの撮影に挑戦してみました。普通の牛乳を買ってきて器に入れて30cmくらいの高さから落として撮影します。最初は動画で撮影していたのですが、コントラストがつかずなかなかうまく撮れません。40連写でようやくうまくいきました。40連写/1秒で撮って、ミルククラウンが写るのはわずか1枚ですから、FH20やF1以外のデジカメでミルククラウンを取るのは容易なことではなさそうです。

| | Comments (0)

December 28, 2008

【デジカメ】1秒で40枚の高速連写、動画なら1000fpsで録画できる超ハイスピードコンデジ、カシオ EX-FH20

今年最後の大きな買い物として、
先日まで使っていたデジタルカメラニコンのL-12が壊れてしまったので、新しいデジカメを探していたのですが、もう一台使っていた大き目のデジカメ、ミノルタZ3もいい加減古くなってきたこともあり、処分してちょっといいカメラを買うことにしました。いろいろ悩んだ結果、選んだのはカシオ ハイスピードエクスリムEX-FH20。楽天のお店で5万5千円くらいでした。

このカメラの特徴はまあざっと下記のとおりです。
Amhi360007

・大きさはミノルタのZ3と同じくらいです。
・表面に梨地の処理をしているので触った感触は非常に良いです。
・液晶は非常に大きくて見やすいです。また、EVFもあります。
Ahi360008

・ズームは35mmフィルム換算で26mm〜520mm。実に20倍ズームです。ズームすると下の写真のように寸胴のレンズが伸びて結構なサイズになります。ズームスピードはまずまずな速さですが、ちょっとうるさいです。
Ahi360006
注)ここまでの写真は携帯で撮影。
・CCDではなくCMOSを使っているので、ぶれがあると変な感じに歪みます。
・バッテリは単三4本。バッテリの持ちはまずまずです。エネループを使っていますが、アルカリとニッケル水素はそれぞれの特性に合わせてモード切替ができるようになっています。
・SDカードに記録されるのですが、カメラの特性上、それなりに高速なSDカードを使ったほうがよいようです。なにしろ一枚2MのJPEGが一秒で40枚も取れてしまうカメラですから。今はハギワラのクラス4、2Gをつかっていますが、ただいまSANDISKのクラス6、EXTREME III、30MB/s editionの4Gを発注しています。
・操作法は比較的分かり安いですが、極まれに変な操作があってちょっと困ります。たとえば、HS動画モードにして30と210fpsの切り替えができる設定があるのですが、切り替えはわざわざ液晶の横の十字キーで切り替え。MFのピントも十字キーで切り替え。連写モードで全画面保存するかどうかの確認画面が出たときはわざわざ十字キーで選んで中央のSETボタンで確定。これ、シャッターボタンとかズームレバーとかでできるようにしてほしい。
・画質は正直な話あまりすごいとは思えません。まあこんなもんじゃないでしょうか?下の写真はとりあえずの撮影結果です。最高解像度でとった後、XGAにサイズを変更しています。
Acimg0334

Acimg0424

・一方、連写はさすがにすごいです。最高で40枚までを連写でき、最速では1秒で40枚を撮りきる恐ろしい連写速度を誇ります。これほどの連写速度はデジタル一眼レフでもありません。ただし、40枚をとりきった後、しばらく撮影ができないことは注意が必要です。また、パスト連写機能というものがあり、シャッターを切った直前の画像をあらかじめ記録しておくものです。これをうまく使うと、鳥が飛び立つ瞬間なんかをとることができます。
上の写真、飛び立つまで待ってたのですが飛んでくれませんでした。残念。
・この連写に物を言わせたHS夜景モードというものがあります。40連写した写真を合成して一枚の写真にすることで、手持ちで簡単に夜景を撮影できるとんでもないモードです。ちなみに、下の写真は近くの霞ヶ浦タワーを手持ちで撮影したものです。
Acimg0068

・動画は1000fpsまでの超高速録画ができますが、解像度がわるいので使い勝手はよくありません。420fpsぐらいでも結構面白い録画ができます。

正直な話、このデジカメは相当特殊です。デジタル一眼レフ入門機のニコンD40やパナG1、ペンタックスK-m、コンパクトでいえばキヤノンのG10等はこれより安く買えますし、これよりもおそらくは画質は上でしょう。が、これは他の追随を許さないスピードシャッターというとんでもない武器を持っていますので、それに価値を見出せる人には唯一無二の存在です(先代機のEX-F1はもっと高速のシャッターをもってますから正確には二択ですが値段がね)。いろいろとりたいものがあるので、おいおい撮って行きたいと思います。ちなみに、早速ミルククラウンを取ってみようと努力してみたのですが、なかなかうまくいっていません。うまく取れたらアップします。

| | Comments (0)

より以前の記事一覧